びはだ

特殊な製造法で作られる高品質

プラセンタは美容のために非常に優れた成分と言われていますが、
その質を左右する重要な要素に抽出方法があります。
プラセンタというのは胎盤のことで、原料には豚や馬などの胎盤が使われているのですが、
もちろんそのまま使われているというわけではなく処理がされています。
もともとの胎盤には豊富な美容成分が含まれているのですが、
処理をする段階でプラセンタの効能、その働きが失われてしまうということも多くあります。
そこで大切なのは、有効成分がしっかりと働いてくれる形で残っているプラセンタを選ぶということなんです。
そのときに是非選んで欲しいのが、酵素分解法で製造されたプラセンタです。

酵素分解法とはどのような処理方法なのかというと、抽出にために酵素を利用していきます。
酵素というと体内で食べ物を分解するときに使われるものでもありますが、
1つの酵素はある1つの特定のものにしか働きません。
ですから、プラセンタの中に含まれている豊富なアミノ酸やミネラルなどを破壊することなく
高品質のまま取り出すことができるのです。
この行程は消化の行程にも似ていて、
非常に自然な形で分解をすることができますから、有効成分が壊れにくいのですね。

加えて温度や圧力の変化が比較的少ないというのも、高品質のプラセンタを抽出できる要因になっています。
酵素分解法と比較すると一般的に行われている加水分解法という抽出方法は、
温度や圧力が高くなってしまったりといったことから、
せっかくのプラセンタの有効成分が壊れてしまいやすいという欠点を持っています。
ですから、プラセンタを美容や健康のために有効に使いたいという場合には、
酵素分解法で作られているものを選ぶというのが正解です。

プラセンタはとても美容に良い成分ではありますが、
質の低いものをどれだけとってもそこまでの効果は見られない可能性があります。
違いをしっかりと実感できるためには良質のプラセンタを見極めて利用するということが大切です。

Menu