びはだ

安全性の高い国産

みなさんはプラセンタって何か知っていますか?
プラセンタというと美容を気にする方などにとっては非常に嬉しい成分として知られています。
ではこのプラセンタ、その正体は何かというと、実は胎盤です。
具体的には豚や馬の胎盤が使われているのです。
こちらにも詳しく載っているので参考にしてみてください。

プラセンタというのはそもそも胎盤を意味する言葉なのです。

胎盤はお腹の赤ちゃんに栄養を供給するための大切な器官です。
そしてその中には赤ちゃんが成長するための全てがつまっています。
そしてそこには、お肌のハリを回復してくれるような細胞を育ててくれる成分や、
体のホルモンバランスを整えてくれるような成分なども豊富に含まれているのです。

そんなプラセンタには、国産のもとの外国産のものとがあります。
この2つに大きな価格の差はありません。
また、品質の差が生まれるのも、その多くは抽出方法の違いという点ですから、
品質にも大きな差は見られないでしょう。

ではどこに一番大きな違いが現れるのかというと、それは安全性です。
国産のものであればそれがどこのもので、
どのように育てられていたのかということまである程度調べることもっできるでしょう。
しかし、外国産のものになってくると、そうしたことを調べるのが難しくなってきます。
また、国産と外国産では豚や馬の飼育方法も違ってくるでしょうから、
そういった点でもやはり国産は安全性が高いと言えそうです。

国産の中でもより安全性にこだわるのでしたら、サラブレッドなどの馬のプラセンタがおすすめです。
というのも、サラブレッドなど競走馬の場合には、
エサも規定がありますので余計なものが入れられているということが少ないのです。
豚であれば通常、肺炎防止のために抗生物質の入ったエサが与えられるのですが、
サラブレッドの場合にはそうしたこともないんですね。

胎盤というのはもちろん食べたものからの栄養で構成されますから、こうしたエサの部分も注目したいポイントです。
プラセンタにはたくさんの商品がありますが、やはり動物由来ということで、
その安全性はより高いものを選びたいところです。
そうした点から考えると、国産のプラセンタは非常に優れていると言えます。
プラセンタの摂取方法はこちらを参考にしてください。

Menu